「写真」と「薬品販売」 玉田写真館 玉田薬品 / サイトマップ
倉敷 天城の本町通り 佐々木盛綱像

 倉敷天城本町通り 懐かしの風景

 トップページ > 倉敷天城本町通り 懐かしの風景

天城とは
星島繻閑の古帳書物写しによれば「藤戸向嶋を広田嶋には、青海大膳桜山に城築、元久年中居城す、嘉吉二年天子家臣天野六左衛門居城してより天城と号す、天は海に通じ、城はもとより城をあらわしており、海に臨んだ城があったので、この名がでてきたのであろう。池田家は、岡山池田家の家祖池田輝政の兄元助(小牧長久手の合戦で輝政の父恒興共々討死)の嫡男由之より始まる。初代由之は、叔父輝政が姫路城主となった時には利神城を築き、本家3代光政が鳥取移封の時には米子城主となった。天城家2代由成は、寛永6年、池田光政が鳥取城からから岡山城へと移封され、池田天城・伊木・片桐池田・日置)・森寺池田)・土倉の六家老を領国の要所に配置した時、備前下津井城主で32,000石を領した。寛永16年、一国一城令により下津井城が廃城となり、由成は天城に陣屋を構え、以後代々天城を領して11代政和の時に明治を迎え、現在でもその当時の面影が町並みにみられるます。

  天城池田家を中心とした町並み(平成10年空撮)
川子岩 新田
 

平成の天城池田家跡地を中心とした町並み(平成10年空撮) 
赤色◎=池田家天城陣屋跡 黄色◎=池田家墓所 (桜山)
白色◎=広田神社  紫色=長浜
茶色= 山下(さんげ)武家屋敷跡 桃色=上の町
赤色=本町 黄色=中の町
緑色=下の町 水色=橋本町 (盛綱橋を渡ると藤戸)
白色=片原 橙色=鉄砲町
灰色=新田(左上) 青色=川子岩(左上)

倉敷川(旧名 汐川)をはさんで対岸が藤戸になります。

昔懐かしい町並みと日々の風景


玉田薬店
天保十一年(1840年)創業 間口は三間ですが奥行のある造りとなっています。明治に入り二代目が改姓し「玉田」となりました。初代〜三代は、くすり、紙などを扱っており「紙屋」の屋号で営業をしていました。瓦職人の話によれば、倉敷美観地区に現存する旧家より、古い瓦が使用されているそうです。(空撮画像が藤戸町天城233玉田薬店になります)天城本町通り

 大正2年茶会記念 玉田俊平一門
大正2年茶会記念 玉田俊平一門 (自宅庭にて撮影)

昭和15年藤戸寺正御供に詣でる老若男女、遍路道→藤戸寺→遍照院→正覚寺まで「天城本町」
昭和15年藤戸寺正御供に詣でる老若男女、「遍路道→藤戸寺→遍照院→正覚寺」天城本町通り

昭和12年12月12日天城中生徒による南京占領記念行進「天城本町」
昭和12年12月12日天城中生徒による南京占領記念行進 天城本町通り

昭和26年藤戸商工会仮装行列記念撮影
昭和25年藤戸商工会主催仮装行列 於 天城キリスト教会 天城本町

江戸時代の火消ポンプ「龍土水」

庄屋邸
高橋邸軒先、「龍土水」天城本町通り 中島邸 現在は取り壊されています 天城本町通り

昭和初期の子供達

昭和初期の秋祭り「カッポする鬼」
昭和初期の子供達 天城本町通り 昭和初期の秋祭り「カッポする鬼」天城本町通り

 皇紀2600年記念行事

皇紀2600年記念行事
皇紀2600年(西暦1940年)祝賀行事、天城本町通り 皇紀2600年(西暦1940年)祝賀行事、天城本町通り

 皇紀2600年記念行進、天城本町通り

昭和初期の楽しみ、茸ヒキ
皇紀2600年(西暦1940年)祝賀行進 天城本町通り 茸ヒキ前の勇姿 天城本町通り

 姉妹
 
兵隊さんと一緒
姉妹 天城本町通り 兵隊さんと一緒 商家小庭

                  まりつき

商家裏にて花見
まりつき 天城本町通り 花見 商家裏庭

      天城キリスト教会 明治23年建築


観音免の松

天城キリスト教会 明治23年建築
県下で二番目に古いキリスト教会 天城本町通り
観音免の松
天城の正福寺裏の丘にあった松の大樹、その根本に観音を祀ってあった、ふるくは雌雄2本あったが雌松が枯れて雄松のみ残っていた。この松は葉が3本になっており枝垂れて下枝を張った有様は鳥が羽を拡げた様に似ていたので、かって大阪の儒者藤沢南岳よって鳳舞松と名付けられた、昭和14〜15年ころ松喰虫の害にあって遂に枯れ死した。樹齢450年位かともいわれていた。
撮影・玉田正俊
 
 ▲このページの一番上へ           トップページへ

〒710-0132 岡山県倉敷市藤戸町天城35−4 玉田写真館・玉田薬品 
電話086(429)0188
営業時間AM8:30~PM19:30
写真玉田写真館蔵・・・・サイト内の画像転載禁止

Copyright(c)2008 tamada.syashinkan.yakuhin All rights reserved