トップページ>更年期障害

くすり

ちょっと役立つ情報


更年期障害
について


更年期とは閉経をはさみ、
卵巣が性的に成熟した状態から、
その機能を完全に失うまでの期間のことです。

日本人の閉経の平均年齢は50.5歳とされ、
個人差はありますが、更年期の平均期間は40代から60代くらいとなります。

更年期になると女性ホルモンの量が少なくなり、
その影響でそれまで女性ホルモンが保っていた体の機能のバランスがくずれ、
突然のほてり、のぼせ、多汗、目の乾き、イライラするなどの症状が現れ、
更年期障害と呼ばれています。

更年期障害の治療法は、
ホルモン補充療法、
漢方療法、
カウンセリングなどさまざまな方法があります。
実際に治療を進めるときには
一つの方法にこだわらず、
色々試し、組み合わせながらその時々の状態や、
その人その人にあった方法を探りながら進めていきます。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
と呼ばれているものです。
体質、症状により使う漢方薬が異なりますから、
医師と相談するのが良いでしょう。

また体だけではなく心の健康を保つことも必要です。

スポーツ、趣味、ボランティア、
リラックス法など自分に合った余暇の楽しみを見つけたり、
一人で悩まず医師、友人、家族に話せる人を見つけましょう。

H社家庭の医学参照。


 ▲このページの一番上へ

トップページへ

〒710-0132
倉敷市藤戸天城35−4
玉田写真館 玉田薬品
電話086(429)0188

Copyright(c)2008 tamada.syashinkan.yakuhin All rights reserved