トップページへ>引札と薬研


引札 薬研


津村順天堂引き札

玉田薬館引き札
引札
引札とは、商店が開店の挨拶や大安売りの時に宣伝のために配ったもので、
現在のチラシ (広告)にあたります。
引札の登場は17世紀後半(天文年間)まで遡るといわれていますが、
文化・文政の頃から広告メディアとしての位置を確立しました。
この引札は木版単色刷ですが、明治期に入ると多色刷りの美しい引札が登場し、
めでたい図柄や物語性のあるものなど多彩になってきます。

薬研(やげん)は、漢方薬などをつくるとき、薬材を細粉にひくのにもちいる器具。
薬研
薬研(やげん)は、
漢方薬などをつくるとき、
薬材を細粉にひくのにもちいる器具。
「くすりおろし」ともいう。かつては石製のものが多かった が、
今日では金属製のものが多い。
中に窪みのある小舟型の器具の窪んだ箇所に、
薬効のある草、根、木、乾燥させた動物質 のもの、
鉱物などの薬材をいれ、
軸を通した車輪の軸の両端に両手を置き、
これを前後に往復させることによって、
薬材を押し砕いて細粉にする。唐辛子の調製などにも利用された。
なお、小舟部分の断面はV字形となっているところから、
城の防御施設において、断面U字形の空堀を「箱堀」などというのに対し、
断面V字形の堀を「薬研堀」と称した。



 ▲このページの一番上へ


トップページへ

〒710-0132
倉敷市藤戸天城35−4
玉田写真館 玉田薬品
電話086(429)0188

Copyright(c)2008 tamada.syashinkan.yakuhin All rights reserved