ランラン2やきものコレクション / サイト マップ

人間国宝 九谷焼 (故)三代 徳田八十吉

 トップページ >人間国宝・故、三代 徳田八十吉


人間国宝(重要無形文化財保持者)

(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。文化財保護法には「人間国宝」という文言はないが、重要無形文化財保持者を指して人間国宝と呼ぶ通称が広く用いられている。


三代 徳田八十吉略歴

昭和8年(1933)小松生まれ。昭和33年第1回一水会陶芸部展に初入選、38年第1回朝日陶芸展及び第6回日展に初入選。日展には第11回まで連続して入選。46年18回日本伝統工芸展の初入選でNHK会長賞、52年24回展で日本工芸会総裁賞、61年第33回展で保持者選賞を受賞。平成9年重要無形文化財「彩釉磁器」保持者(人間国宝)に認定。
三代 徳田八十吉 碧明耀彩鶴首(金文字銘)

故三代 徳田八十吉
碧明耀彩鶴首

故三代 徳田八十吉碧明耀彩瓶(金文字銘)

故三代 徳田八十吉
碧明耀彩瓶(金文字銘)人間国宝認定後の陶印

三代 徳田八十吉 碧明耀彩瓶(金文字銘)

故三代 徳田八十吉
碧明耀彩瓶(金文字銘)

故三代 徳田八十吉碧明耀彩瓶(金文字銘)

故三代 徳田八十吉
碧明耀彩瓶(金文字銘)人間国宝認定後の陶印

故三代 徳田八十吉 鶴首花器

故三代 徳田八十吉 鶴首花器


故三代 徳田八十吉 鶴首花器

故三代 徳田八十吉 鶴首花器
人間国宝認定前の陶印


 ▲このページの一番上へ トップページへ 掲載作家一覧

Copyright(c)2002 ランラン2やきものコレクション All rights reserved