ランラン2やきものコレクション / サイト マップ

(故)西岡小十 西岡良弘

 トップページ > 西岡小十・西岡良弘

西岡小十 1917年佐賀県唐津市に生まれる1953年古唐津再現のため古窯跡の発掘を始める1971年小山富士夫の指導のもとで割竹式登窯を開窯、「小次郎窯」と命名1981年絵斑唐津を焼成復元に成功。荒川豊蔵命名による「小十窯」開窯1983年梅花皮(かいらぎ)唐津の復元成功1989年古希記念「西岡小十作品集」出版発行1999年石川県辰之口町に加賀唐津「辰之口窯」開窯2002年日本橋三越にて「西岡小十と八人(今藤長十郎・加藤淡斎小杉小二郎・小松原まさし・橘宗義・西山松之助・細川護熙・薮内紹智)展」開催2006年死去。

西岡小十 唐津茶碗

(故)西岡小十 唐津茶碗

西岡小十 唐津茶碗

(故)西岡小十 唐津茶碗高台

西岡小十 唐津茶碗

(故)西岡小十 唐津茶碗見込み

私、関係無いけど、ただ居たいから居るだけです。

私、関係無いけど、ただ居たいから居るだけです。

西岡良弘 1954年西岡小十の長男として唐津市に生れる。1972年作陶を始める。1977年荒川豊蔵主幹の互窯会会員になる。1981年大阪にて田原謙次(現・陶兵衛)・川瀬竹志・西岡良弘、三人展を開催。1987年東京・日本橋にて初個展。1990年ニューアーティストウェーブ出品。1992年名古屋にて個展を開催。1993年ドイツ、ミュンヘンにて個展を開催。1994年独立、凌雲窯を築窯。2000年大阪にて小十、良弘二人展を開催。2002年大阪にて作陶30周年西岡良弘作陶展を開催。2009年東京・日本橋で個展を開催。
西岡良弘 古松絵唐津面取香炉

西岡良弘 古松絵唐津面取香炉

西岡良弘 唐津古松絵香炉部分

西岡良弘 古松絵唐津面取香炉部分


 ▲このページの一番上へ トップページへ 掲載作家一覧

Copyright(c)2002 ランラン2やきものコレクション All rights reserved