ネコにも釣れる夜釣りのチヌ釣り / サイトマップ/
ネコにも釣れる夜釣りのチヌ釣り

夜釣りのチヌ釣り釣行後の釣り道具のメンテナンス

 トップページ > 釣行後の釣り道具のメンテナンス


釣行後の釣り道具のメンテナンス「竿 タモ」

海釣りで使用する竿は強い陽射し、潮風、海水、雨、砂ぼこりなどタフなコンディションにさらされています。ガイドやリールシートの腐食、砂やほこりによる摩滅やキズを防ぐためにも、釣行後は汚れやほこりを洗い流してやりましょう。釣行後に放っておくと竿に付いた海水やエサの汁が腐敗して異臭を放つこともあります。
1.穂先から順番に竿とガイドに付いた汚れを洗い流す、薄めてスポンジか柔らかい布に含ませ、汚れを拭き取ってから、真水でよくすすぐ。
2.竿尻の栓をはずし、トップ側から真水を流し込んで、竿内部の砂やほこりを洗い流す。
3.竿を伸ばして乾いた布で水気を拭き取る。
4.ガイドやリールシートの傷みやゆるみをチェックし、日陰で乾燥させ、乾いたら竿尻の栓を組み付ける。
5.ボナンザ等竿用ワックスを塗り乾いた布で磨く。ワックス掛けで汚れが付きにくくなり道糸の竿へのベタ付がなくなる。

釣行後の釣り道具のメンテナンス「リール」


1.フロントドラグの上からぬるま湯を何回か掛けて、乾いたタオルでドラムやアームなどの水分をきちんと取る。
2.またスプールを取り外し、ギアなどに油を差しておくと錆びにくいです。
3.リールごとぬるま湯の中につけることはしないようにしましょう。
4.リールも竿と同様、しばらく陰干しにしておくと良いでしょう。

釣行後の釣り道具のメンテナンス「クーラーボックス」
チヌ釣り夜釣り 釣行後の道具のメンテナンス・クーラー

1.台所洗剤で隅々までしっかり洗いましょう。
2.しっかりと乾燥させましょう、湿気が残っていると、臭いの元になります。

釣行後の釣り道具のメンテナンス「防寒着」
チヌ釣り夜釣り 釣行後の道具のメンテナンス・防寒着

1.汚れが付いた箇所をぬるま湯に浸しタオルで拭く、その後、陰干しで乾かせましょう。
2.季節が変わり防寒着を着なくなったら、必ずクリーニングに出して、次のシーズンに備えておきましょう。
  防水加工も忘れずに。
3.フローティングベストは浮力部分を取り出して洗います、その後、陰干しで乾かせましょう。

 ▲ このページの一番上へ          トップページへ
Copyright(c)2011ネコにも釣れる夜釣りのチヌ釣りAll rights reserved